<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オグルヴィ・アンド・メイザー・ワールドワイド会長 講演会

好評のうちに終了いたしました。

IAA特別講演会2016
急遽、開催決定!!


講師:マイルズ・ヤング氏
オグルヴィ・アンド・メイザー・ワールドワイド会長


e0308813_1345491.png


IAA日本国際広告協会ではこの度、オグルヴィ・アンド・メイザー会長、マイルズ・ヤング氏をお招きし、ご講演を頂くことになりました。同社ではアジア・アフリカ・中南米の12の新興国に関する長期見通し“Velocity 12”をまとめられ、新興国の成長パターンの変化や“Velocity Markets”を巡るグローバルな競争の現状の報告を核に、日本市場、日本の広告業界・マーケティングに関する率直なご意見等を頂く予定です。



開催日:2016年7月11日(月)10:00am-11:00am
会場: 銀座キレイが丘 本館 5階 会議室A
※東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル 5階 会場受付TEL:03-6278-7413

会費:会員(IAA会員名簿に名前が登録されている方)/無料(要予約) 
    一般/2,000円 (要予約)

定員50名 締切日:7月8日(金)正午
※万一定員を超えるお申込みがあった場合は会員優先とさせていただきます。定員超えでご入場いただけない場合は7月8日までにご連絡差し上げます。

※この講演会は英語で行われます。同時通訳はありませんが、資料(日本語)をご用意する予定です。

お申込み/お問い合わせ先: IAA日本国際広告協会 事務局まで
TEL: 03-3569-0351 FAX: 03-3572-4655 E-MAIL: iaa@iaajapan.org

ご参加希望の方は、お名前、会社名、部署名、TEL、FAX、eメールアドレスと、
「IAA特別講演会2016参加希望」と明記のうえ、E-MAILにてお申込み下さい。
折り返しリマインダーを返信させていただきます。



講師略歴:マイルズ・ヤング氏

Mr. MILES YOUNG : WORLDWIDE CHAIRMAN, OGILVY & MATHER

英国オックスフォードのベッドフォードスクール及びニューカレッジを卒業後いくつかの代理店、リンタス、アレン・ブラッディ・アンド・マーシを経て1983年にオグルヴィ・アンド・メイザーに入社。
1986年にオグルヴィ・アンド・メイザー・アドバタイジング・ロンドンの取締役に就任し1988年には営業担当取締役に昇格。 1990年オグルヴィ・アンド・メイザー・ロンドン マネージング・ディレクターに就任し1990年から95年迄はオグルヴィ・アンド・メイザー ダイレクトヨーロッパのリージョナル・ディレクターを務める。
1995年9月オグルヴィ・アンド・メイザー・アジア・パシフィック会長として香港に着任しオグルヴィ・アンド・メイザー・ワールドワイド エグゼクティブ・コミッティ取締役の一員となる。その間オグルヴィ・アンド・メイザーは規模、市場シェアともにめざましい成長を遂げ、メディア誌で幾度となく「エージェンシー・オフ・ザ・イアー」に選ばれる。

オグルヴィ・アンド・メイザーの責務に加えアジアにおける WPP企業価値向上に貢献。
北京の清華大学とのジョイント・ベンチャーである「オグルヴィ・清華 公共ブランド構築プログラム」の共同創始者、また清華大学ジャーナリズム課のア ドバイザリーボードのメンバー。その他江蘇省政府経済コンサルタント、厦門大学客員教授、ワシントンDCアメリカ・パキスタン経済人会の会長を務める。
2009年オグルヴィ・アンド・メイザー CEOに就任しネットワークを牽引し、業界及びカンヌでの地位を確固たるものに築く。
現在はニューヨーク在住、オグルヴィ・アンド・メイザーの会長職を担う。



◆◆◆◆◆◆◆◆講演会場までのアクセス◆◆◆◆◆◆◆◆
銀座キレイが丘 本館 5階 会議室A
東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル 5階 (ベンチャーデスク銀座)
会場受付 TEL:03-6278-7413

最寄駅
「東銀座駅」 浅草線・日比谷線  4番出口 徒歩2分
「銀座駅」  銀座線・丸ノ内線・日比谷線 A5出口 徒歩5分
e0308813_13491328.png















































e0308813_13571237.png
[PR]
by iaajapan | 2016-06-29 13:59 | 開催終了の講演会 | Comments(0)

IAAグローバルの新体制発足 2016-2018ボードメンバー発表

IAAグローバル
2016-2018ボードメンバー発表

会長はフェリックス・タタール氏
(2016年6月27日)

2016-2018年(任期2年)のIAAグローバル会長並びに新ボードメンバーが、2016年6月21日にフランス、ニースにて開催されたIAAボード・ミーティングで発表にりました。


Felix Tataru, IAA Chairman and World President stated "We are very excited to assemble our leadership at such an exciting and challenging time in our industry. The IAA, representing all areas of marketing communications - advertisers, agencies, media and educators is committed to inspire the industry and society. Everyone in our industry is empowered to contribute in their own way and the IAA looks forward to harnessing the resources and energy of our members around the world"

Current industry issues for the IAA include the continued importance of best practices and integrity; the defense of unwarranted bans and interference with brands and advertising and the development of talent within our industry


e0308813_1003229.png

※写真はこの度会長に選任されたフェリックス・タタール氏


Board of Directors confirmed the following IAA Officers for 2016-2018



Felix Tătaru
Chairman and World President,
GMP Group, Romania

Faris Abouhamad
Immediate Past Chairman and World President,
CEO, InterOne Resonance, UAE

Srinivasan Swamy
Senior Vice President,
President RK SWAMY BBDO Pvt Ltd, India

Diane Slade
General Secretary,
Head of Advertising Edith Cowan University,Perth, Western Australia

Venanzio Camarra
Treasurer,
Managing Partner and Chief Consultant of Studio Aldabra<, Italy

Carla Michelotti
Vice President Corporate Members and Government Affairs,
President, Carla Michelotti LLC, USA

Kaushik Roy
Vice President Area Director Asia Pacific,
President - Brand Strategy & Marketing Communication, Reliance Industries Ltd, India

Tom Brookbanks
Vice President Area Director USA/Canada,
Senior Vice President, Starcom Mediavest, USA

Kyra Roest
Vice President Are Director Europe
Business & People connector, /UM'GE:BUN/, Netherlands

Saad El Zein
Vice President Area Director Middle East Africa
Saad El Zein Company, UAE

Michael Lee
Managing Director IAA, USA



"Felix Tătaru at 42 is the youngest IAA Chairman in our history" commented Michael Lee, IAA Managing Director "we have an ambitious agenda for the next two years and our exciting mission continues today"


e0308813_10181063.jpg

写真は2016年6月のボードミーティングに参加したメンバー





e0308813_1010324.png
[PR]
by iaajapan | 2016-06-27 10:19 | グローバルの動き | Comments(0)

IAAグローバルがK2リポートに対してステートメントを発表

米広告主協会がK2リポートを発表、リベート「蔓延」と指摘。IAAが見解を発表。
2016年6月9日

e0308813_1143648.png

アメリカ広告主協会(ANA)は8か月にわたり調査してきたメディア代理店リベート問題について、「K2リポート」を発表。Cash リベートやNon-transparent、不透明な行為を含むリベートが米メディア業界に蔓延しているとしました。
これについて業界1位のWPPを始め、業界3位のピュブリシスなど代理店側からの米広告主協会(ANA)の反論が出てきて議論をよんでいます。

IAA国際広告協会からのステートメントが出ておりますので掲載させていただきます。

またK2リポートの全文につきましては下記サイトにてご覧いただけます。
http://www.ana.net/content/show/id/industry-initiative-media-transparency





********************************************************************
IAA STATEMENT ABOUT THE ANA K2 STUDY OF
MEDIA TRANSPARENCY IN THE USA



The International Advertising Association (IAA) has reviewed the Independent Study of Media Transparency in the US Advertising Industry released on June 6th 2016 by K2 Intelligence (K2) on behalf of the ANA.



The IAA counts among its membership individuals and companies drawn from all areas of the industry, from all over the world - including advertisers, media and agencies. The IAA has long led on many industry issues - most notably highlighting and taking an advance information leadership position on matters such as the implications of digital ad fraud, plain packaging, supporting global self-regulation, privacy, and strengthening the econometrics of the ad industry.

The findings of the K2 Report underline the importance of transparency and best practices, crucial to maintain the health and to enhance the strength of the advertising industry. We, at the IAA, propose a dialog and open communication with other industry stakeholders regarding this study, such that we build trust among all stakeholders. A joint industry task force approach can process the identified issues, address problems, and result in a balanced, informed and conciliatory understanding of them and any remedies needed.

The findings of the K2 Report note the imperative need for all parties in the advertising environment to work together in a commercially viable way to reach and operate per negotiated and transparent contract terms. Such contracts must also allow for client audits to confirm compliance. All parties have responsibility to fully comply with and importantly to fully understand contract terms. And, all parties must continually identify and address areas where contractual terms are not understood.

The IAA looks forward on behalf of its global membership to continue to play its part to encourage clear communication and education such that all parties have a better understanding of the workings of the advertising ecosystem and about client agency contract terms and compliance. There is no role for any party to agreements not to fully honor contract terms, nor to understand the compliance requirements. These key issues will be topics for discussion at the IAA Cabana during the upcoming Cannes Lions Festival.

For more information, please contact:
Michael Lee, IAA Managing Director




e0308813_11113497.png






********************************************************************
[PR]
by iaajapan | 2016-06-09 11:28 | グローバルの動き | Comments(0)