2018年山口範雄会長新年のご挨拶 >>

第23回 IAAグローバル広告アカデミー

e0308813_16491392.jpg
「アセアン家庭におけるジェンダー・イコーリティ」
-アセアン生活者研究から見えてきた新しい生活者潮流とマーケティング機会-

講師:帆刈 吾郎 氏
Hakuhodo Institute of Life and Living ASEAN, Managing Director

生活者発想、すなわち生活者の目線からマーケティング・コミュニケーションを発想することの重要さは昔も今も変わりません。しかし、企画立案にかけられる時間的制約や、コミュニケーションデザインの複雑化などから、最近は生活者起点の企画立案を徹底することが難しくなっているようにも感じられます。一方で、生活者意識や行動は時代とともに常に変化しています。今回は「アセアン家庭における男女平等」をテーマとした研究発表を通して、「生活者の現場から新しい時代の潮流を把握し、マーケティング機会につなげる」考え方をご紹介します。

●開催日:2018年4月4日(水) 15:00-16:30
●会場:電通銀座ビル8階会議室
●会費:IAA会員(IAA会員名簿にお名前が登録されてる方):無料
一般:2,000円(いずれも要予約・会費は当日支払)
お申込締切日:3月30日(金)定員になり次第締切。

講師略歴:帆刈 吾郎 氏
Hakuhodo Institute of Life and Living ASEAN, Managing Director
1995年博報堂入社。マーケティング・プラナーとして得意先企業のマーケティング業務を担当。2005年から2006年にかけて英国ロンドンのダイレクトマーケティングエージェンシー、ブランドコンサルティング会社に出向した後、同年、博報堂に復職。2013年博報堂アジアパシフィック(HAP)のエグゼクティブ・リージョナル・ストラテジック・プランニング・ディレクターとしてタイ・バンコクに赴任。2014年博報堂生活総合研究所アセアンを設立、2017年タイ現地法人化。2018年エフィー賞審査員。









[PR]
by iaajapan | 2018-02-14 10:00 | 講演会開催のご案内
2018年山口範雄会長新年のご挨拶 >>