<< 第23回 IAAグローバル広告... 新ホームページからご覧ください >>

2018年山口範雄会長新年のご挨拶

2018年新年のご挨拶
IAA 日本国際広告協会 
会長 山口範雄

(2018年1月20日発行、会報IAA#275号より)




IAA日本会員の皆様、新年明けましておめでとうございます。

2017年を振り返りますと、アメリカ第一主義を唱えるトランプ大統領によるTPPやパリ協定からの離脱、一帯一路で新たな経済圏のリーダーシップを取ろうとする中国の動き、IS勢力壊滅後も各地で頻発するテロ、そして繰り返し発射される北朝鮮のミサイルなど、世界協調や平和にとって懸念を抱く年であったと言えるでしょう。

これらの動向が各地における企業活動に影響を与えることは間違いありませんが、一方で、インターネットを介してグローバルベースで飛躍的に増大しているコミュニケーション・情報流通を背景に、ボーダレスな購買や商取引を可能にする技術・プラットフォームの開発を推進することで、新たなビジネスチャンスが生まれています。

広告業界では「取引の透明性」「ネット広告におけるフラウド(詐欺)」「SNSを介したフェイクニュース」など信頼性に関する課題がクローズアップされています。IAAは広告に関するあらゆる業種の会員から組織される世界唯一の組織であり、これらの課題に対し、中立的な立場で解決策を求め、提示していく役割が求められます。

IAA日本においても、IAA Globalや関係団体との連携を深めるとともに、独自の活動を通して、会員の皆様へのタイムリーな情報提供と理解促進に努めてまいります。

今後とも皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。















[PR]
by iaajapan | 2018-01-23 09:30 | 会長ご挨拶
<< 第23回 IAAグローバル広告... 新ホームページからご覧ください >>