<< 第11回 IAAグローバル広告... 石川周三名誉会員「世界週報」掲... >>

平成28年度通常総会山口範雄会長ご挨拶

e0308813_17431024.jpg
平成28年度通常総会
山口範雄会長ご挨拶

(2016年7月5日)


お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。
まずはバングラデシュの痛ましい事件の犠牲者に対し皆様と哀悼の意を表したいとおもいます。

IAAの活動ですが、皆様の大変なご協力のもと 会費の値上げをさせて頂き実質的に黒字構造になりつつあります。一方この値上げにも関わらず会員総数は横這いに推移しています。その前に一段増えたものが維持でき現段階に到ります。 数だけでなく中身についても沈滞化していたものが活発化の方向に向かっており、これは関係者の方の大変なご努力であります。運営委員会では関係の皆さんと共にこれから先に向けてのテーマ作りの議論が進んでおります。この中から魅力的なものを各部会で実行に移していく。 内容が魅力的になれば ますますグローバル化するようなマーケット環境の中で これらの活動に参加をしてみたい、参考にしたい ということが未だ会員でない方からも出て来て、会員増に繋がっていく という流れに是非皆様にもご協力を頂きながらしたいと思っております。

日本及び世界の主要環境を眺めてみますともちろん部分的には様々な動きはありますが 全体としてはグローバル化の流れはより大きな経済圏を対象にした経済活動に於けるグローバル化という事が益々これまでよりも更に速く進んでいくだろうと思います。例えばアフリカ開発会議( TICAD6)がアフリカで行われますが中国の追走もあり5年に一度から3年に一度と頻度を上げました。私が タイ カンボジアに出張した折にASEAN経済回廊を走ってみても経済統合の具体論が急ピッチで進んでいるのも相当見えました。TPPも紆余曲折ありそうですが仮に実質これが停滞したとしても多国間、二国間などの経済連携が積み重なれば経済圏の方向は着実に統合に進んでいくはずであります。私は観光業界にも携わっているのですが 日中韓 観光3大臣の会議も7年ほど行われていなかったものが昨年久しぶりに行われました。日中、日韓は厳しい問題を抱えているのですが経済の面からはやはりアクティブな方向に行かないとそれぞれみんな困るという状況になっている訳です。今年は中国の武漢で開かれる予定です。

それぞれを眺めてみると改めて より広い一国に留まらない経済圏を対象にしたグローバル化を具現化できたところが国際競争を勝ち抜くことができるのです。その為のマーケティング活動が非常に大事になってきますが、マーケティング活動の中核にもちろんグローバルな広告活動がある訳でそう言う意味では環境もますますその部分を強めています。それに向けて具体論を皆様共々これから積み重ねをして行きたいと思っております。
ぜひ皆様のご支援ご協力のほど 宜しくお願い致します。










e0308813_173493.png

2016/07/29
[PR]
by iaajapan | 2016-07-29 17:32 | 会長ご挨拶
<< 第11回 IAAグローバル広告... 石川周三名誉会員「世界週報」掲... >>